セカイサンポ2 : ノーンカーイ(タイ) ARCHVES
DSC_0093-no.JPG

この街も犬が多いです。

ただ寝姿にかなり特徴があります。

 

DSC_0156-no.JPG

目が開いているのか開いていないのかわからない犬もいれば、

 

DSC_0063-no.JPG

ひょっとして死んでいるんじゃないのという不自然な寝姿の犬もいます。

 

DSC_0205 (2)-no.JPG

歩伏前進の状態で寝ている犬には驚かされます。

こやつらが昼間は寝ているのですが、夜になると急に凶暴になり、人を吠え始めるので怖くてしょうがありません。

 

DSC_0235-no.JPG

タイ語だからかもしれませんが、看板が楽しい街です。

タイは禁煙の場所が急速に増えています。

だからこそ、煙草が吸える飲み屋さんはあえて喫煙ができることの看板を出します。

 

DSC_0332-no.JPG

この先に電話がかけられるところがありますよということなのでしょうね。

かなり古い看板です。

この国も今は携帯電話が普及して、公衆電話を使っている人をほとんど見かけません。

 

DSC_0226-no.JPG

これは一番、わからなかった看板です。

この通りを行くとFMを108番から、104番に変えてくださいということでしょうか。

それともFM108番通りから104番通りに映る通りということでしょうか。

 

DSC_0109-no.JPG

看板じゃなく、ポスターなのですが、日本語の「もし」という文字が目立つんです。

これ、タイ人にどういう意味って聞かれたのですが答えようがないんです。

「if」なのか「hallo」なのか…。

ヘンテコなちょんまげ姿から想像すると江戸時代の

「もし、そなたは、お奉行様ではござらぬか?」

という「もしや」の意味なんでしょうかぁ。

僕には到底、説明は無理です。

 

DSC_0207-no.JPG

タイの郵便受けも様々な種類があるので、散歩しながら見ていくと結構、楽しいです。

 

DSC_0205-no.JPG

発砲スチロールでも作れるんだよなぁと妙に感心してしまいました。

 

DSC_0098-no.JPG

こんなに小さなポストもあります。

入るのでしょうか?

 

DSC_0012-no.JPG

郵便受けではなく、水道局の請求書入れらしいです。

隣は、電気の請求書入れ、上は新聞や雑誌入れらしいです。

タイの玄関は賑やかです。

 

 

 

DSC_0305-no.JPG

今日は、「2」にまつわるものに、よく出会う日でした。

これは距離をあらわした石碑らしいのですが、タイ語が読めない僕にはあまり意味がありません。

 

DSC_0330-no.JPG

例えば、靴が2足干してあったり、

世界中で見かける「BATA」という靴のブランドがタイブランドだとは知りませんでした。

 

DSC_0172-no.JPG

例えば違う種類の犬が2匹遊んでいたり、

この国には、狂犬病がまだまだあるので注意しましょう。

 

DSC_0061-no.JPG

例えばバスケットの選手とセパタクローの選手の人形が二つ置いてあったりとか。

どちらもそこまで人気があるスポーツというわけではありません。

一番人気はサッカーだそうです。

DSC_0128-no.JPG

ノーンカーイ駅はタイの鉄道の北の終点の駅です。

隣の駅まで乗ろうと思ったら、ちょうど出発したところでした。

仕方なく駅構内に貼ってある鉄道に乗る時の注意事項のイラストを眺めていました。

 

DSC_0127-no.JPG

血まで描かれ、結構、シュールなイラストです。

下のタイ語が読めなくても充分、言いたいことが伝わって気ます。

 

DSC_0132-no.JPG

だんだん日本の鉄道ではありえない光景が出てきます。

つまり飛び乗るなということですね。

しかも彼は荷物を手放してしまいました。

 

DSC_0129-no.JPG

電車の上に乗ってはいけません…

って乗らないですよね?普通はね。

 

DSC_0209-no.JPG

この街の歩道には、真ん中に植木を置いてあるところが多いです。

 

DSC_0168-no.JPG

中には大きい植木も置いてあります。

少し歩きにくい気がしないでもありません。

 

DSC_0050-no.JPG

育ち過ぎたのか、完全に大木の物もあります。

木陰に座ってメコン川を眺めるのもイイものです。

 

DSC_0216-no.JPG

トゥクトゥクを嫌がって、下がっているのではありません。

どうやら、通常は植木の左側を歩くようです。

 

DSC_0294-no.JPG

夕方になると、タイの他の街と同じように、この街も、かなりの屋台が出ます。

特に豪快な屋台の一つが鶏の屋台です。

 

DSC_0298-no.JPG

口から棒を突き刺され、焼かれる様子はかなりグロテスクです。

 

DSC_0299-no.JPG

こうして色が変わっていくわけです。

僕の皮膚も、このセカイサンポ(アジア編)で、かなり変わってきました。

最近では、タイ語で話しかけれらることも多くなってきました。

 

R0014648-no.JPG

切っていただくと、グロテスクさはとれ、美味しい鶏肉のグリルになります。

これで約80バーツ(約240円)でした。

 

 

DSC_0022-no.JPG

タイとラオスの国境の街「ノーンカーイ」には、メコン川沿いにたくさんの椅子が置かれています。

タイの国旗と並んで、タイの国民が大好きなプミポン国王を象徴している旗も立てられています。

 

DSC_0051-no.JPG

昼間は座る気になりませんが、夕方から夜にかけてメコン川を風を浴びながら、タイウイスキーを飲むにはいいバーになります。

ただ、必ず二日酔いになってしまうのですが…。

 

DSC_0032-no.JPG

どうしても川沿いに椅子を置きたいようです。

 

DSC_0047-no.JPG

なんたって、ブランコまで川沿いに置いてしまうのですから。

 

「ヤギと子供と男と小屋と」ヤギプロジェクト公式HP