セカイサンポ2 : モウラミャイン(ミャンマー) ARCHVES
DSC_0267mou.JPG

モウラミャインに住んでいる人々は、カメラを向けるとポーズを取りたがります。

 

DSC_0234mou.JPG

渡し舟に一緒に乗り込んできた少年は、食べるところを撮れと言われました。

 

DSC_0018mou.JPG

俳優の堺雅人さんに似た、年齢不詳のミャンマー人は、カメラを向けると膝をかかげました。

 

DSC_0136mou.JPG

全て、よくわからないポーズばかりですが、

今日の「ポーズわからない選手権」は彼が優勝です。

何を表現したいのでしょうかぁ?

 

DSC_0081mou.JPG

ようやく見つけたウィンセントーヤ。

噂通り、かなり大きいです。

10年前から建築が始り、未だ終わっていません。

 

DSC_0079mou.JPG

大きさがよくわからないのでもう少し、ひいた場所から撮影してみます。

屋台のテントと比べると多少、大きさがわかるかもしれません。

仏像の中は、工事の音が響いていますが、仏陀の人生や地獄の像などは飾られています。

 

DSC_0069mou.JPG

それでもわかりにくい?

じゃ、自転車の二人乗りのカップルと比べてみました。

どうですか?

 

DSC_0076mou.JPG

うそ~!それでもわかんない?

じゃ、最後ですよ。

牛と比べてみてください。

完成までは、後10年かかるそうです。

DSC_0044mou l.JPG

ウィントセーヤという巨大な仏像を拝もうとモウラミャインから1時間ほどバスに揺られてやってきました。

しかし、なかなか見当たりません。

その代り、托鉢するお坊さんの像が並んでいるのが見えてきました。

途中まで数えましたが、暑さで朦朧としてしまいました。

200体弱かと思われます。

 

DSC_0051mou.JPG

一体ずつ、全て表情が違います。

誰かをモデルにしているのでしょうかぁ?

 

DSC_0052mou.JPG

いかりや長介さんのようなお坊さんが最後でした。

有名なお坊さんをモデルにしているのか、彼だけは塗りなおされていました。

 

DSC_0055mou.JPG

こうして、ようやく托鉢のお坊さんの像の最終地点まで来たのですが、未だウィンセントーヤは見当たりません。

いったいどこにあるのでしょう?

DSC_0146mou.JPG

タンルウィン川には、島全体がお寺になっているガウンセー島が浮かんでいます。

渡し船に乗って、連れて行ってもらいました。

 

DSC_0158mou.JPG

この島で遊んでいるのか、住んでいるのかわからない子供に怒られました。

「サンダルを脱げ」

島全体が寺になっているので、上陸と同時にサンダルを脱がなくてはなりません。

 

DSC_0182mou.JPG

いつのまにか4人の子供が案内してくれました。

彼らについて、裸足で島を探検するように散歩をしました。

 

DSC_0229mou.JPG

「船が出ちゃうよぉ」

と言いながら子供達が僕の身体を押して、船に乗せてくれました。

そしていつまでも手を振っていました。

結局、彼らは何者だったのか未だにわかりません。

 

DSC_0040mou.JPG

並んでいる物に出会う日です。

マハニム・パヤーの入口で出迎えてくれる像達です。

 

DSC_0043mou.JPG

パヤーの階段を上がる途中、下を見ると屋台が、ちょうど並び始めたところでした。

 

DSC_0044mou.JPG

パヤーの中は仏像が並んでいました。

ひとつずつお祈りするのは大変なので、まとめてお祈りをしました。

爪も黄金色だったのが印象的でした。

 

DSC_0013-mou.JPG

下に降りたら、犬も並んで眠っていました。

それにしてもモウラミャインは黒い犬が多い街です。

DSC_0026mou.JPG

日本でもお馴染みのホウキです。

ただ、ブラシの本数が日本のホウキより多い気がしませんか。

 

DSC_0057mou.JPG

ほうきもいろいろなタイプがあるので、見続けていました。

見続けているうちに…

 

DSC_0344mou.JPG

ヤギさんのひげもほうきのブラシに見えてきました。

 

DSC_0299mou.JPG

おじいちゃんの髭も…。

ごめんなさい。

おじいちゃんは、タンルウィン川で漁師をされています。

DSC_0369mou.JPG

夕焼けがキレイな街です。

大好きなミャンマービールの生ビールを飲みながら、ボーっと夕陽と人の流れを見ていました。

ミャンマービールは国際的な賞を獲得しております。

そして、瓶ビール(約2000チャット(約200円))より生ビール(約600チャット(約600円)の方が格段に安いのです。

 

DSC_0371mou.JPG

親子3人で乗った楽しそうなバイクが通り過ぎていきます。

そういえば、この国の人は、あまりヘルメットをかぶんないなぁ。

僕もバイクタクシーに乗る時、かぶらなかったしなぁ。

 

DSC_0402mou.JPG

カップルが通り過ぎて行きました。

この距離感からすると、まだつきあっていないのでしょうかぁ?

何だかこちらが、ドキドキします。

 

DSC_0404mou.JPG

風船を持って、楽しげに帰る親子が何組か通り過ぎて行きました。

ミャンマーは満月のお祭りなのだそうです。

 

 

 

R0014420.JPG

朝一の電車でモウラミャインという地方都市に向かいます。

7時15分発車予定時刻になっていないのに、発車しちゃいました。

遅れる電車はよくありますが、予定時刻が早まる電車に初めて乗りました。

 

R0014430.JPG

風景がすぐに変わり始め、一面が田園風景になってきました。

iPodで、久し振りにジャック・ジョンソンを聞いていたら、眠っていました。

子供時代にタイムスリップする夢を見ていました。

 

 

R0014437.JPG

目が覚めると、「散歩の達人」山口編集長から餞別にいただいた「のぼうの城」を読みました。

新しいヒーロー像を見た気がします。

それにしてもなかなか到着しません。

 

R0014447.JPG太陽が陰り始め、地名が全くわからない駅を撮影した頃、携帯電話を見ると乗ってから10時間が経っていました。

深夜特急と違い、昼間の10時間は乗りごたえがあります。

そろそろモウラミャインに到着のようです。

 

 

「ヤギと子供と男と小屋と」ヤギプロジェクト公式HP