セカイサンポ2 : コタバル(マレーシア) ARCHVES
DSC_0063-k.JPG

3日間通い続けている薬膳料理「バクテー」屋に行くと、いつも近くの駐車場に止まっているバン。

いったい元は何色だったのでしょうかぁ。

 

DSC_0070-k.JPG

この停留所にバスが停まるのを見たことがありません。

ただ単に人が待っていないからなのでしょうかぁ。

 

DSC_0204-ko.JPG

斜めですよね?

毎日、この前を通る度に座ってみたい衝動にかられるのですが、座って壊れたら嫌なので眺めているだけです。

 

DSC_0064-k.JPG

毎日、通うネットカフェの隣にあるお店。

こういった系統の洋服屋さんなんですが、販売員は全てスカーフをかぶったイスラム教徒です。

お酒を飲まないバーテンダーがお酒を売ると思えばいいんですかねぇ。

 

 

 

マレー鉄道で東海岸を北上し、終点のトゥンバの一つ手前、ワカバルという駅で降りました。

そこからバスで15分程度行くと、コタバルという街があります。

 

DSC_0186-k.JPG

マレーシアの国教がイスラム教だということを改めて知らされるほど、イスラム色の強い街です。

 

DSC_0092k.JPG

街のシンボルの時計台から、コーランが流れ、

 

DSC_0312-k.JPG

街の看板も、タミル語で書かれ、イスラムの香りがしてきます。 

 

DSC_0225-k.JPG
 マクドナルドだってタミル語です。

タミル語の看板は創るのが大変そうです。

 

1 2 次のページ
「ヤギと子供と男と小屋と」ヤギプロジェクト公式HP