セカイサンポ2 : シンガポール ARCHVES
R0014222.JPG

初めてこの街にやってきたとき、経済発展を遂げたシンガポールは、これからは芸術を強化していくという話を聞きました。

あれから10年。

そんな話をふと思い出し、美術館にやってきました。

シンガポールの航空写真を床に敷き詰め、入場者が好きな場所にコメント書いて貼る参加型アートがありました。

 

R0014226.JPG

中庭に面した回廊に出ると、屋外のアート作品も楽しむことができました。

ヒーロー戦隊を思い出させてくれます。

 

R0014228.JPG

後ろからライトを当てて、展示する、この作品が気に入りました。

マレーシアの作家のようです。

 

R0014218.JPG

今回、一番、驚いた作品です。

入口で大きな芋虫達に迎えられるとは思いませんでした。

 

 

R0014201.JPG

シンガポールの路線バスはSUICAのような自動改札パスのようなものが必要です。

現金でも乗れるバスがありますが、目的地を言わなくてはいけないので、僕のように目的のないバス散歩をする人は、やはり自動改札パスが必要です。

 

R0014190.JPG

気がつくと終点に到着していました。

バスを降りるときに自動改札パスを機械に触れないと、次に乗るときにペナルティを取られるので、ご注意ください。

だいたい1回1ドル~1.5ドル程度(約80~120円)くらいです。

 

R0014199.JPG

次は2階建てバスに乗りました。

一番前の席が人気あると思いきや、直射日光が当たるので、あまり人気がありません。

 

R0014187.JPG

また終点まで行ってしまいました。

こんな感じで終点ばかりに行ってしまうのです。

風景を楽しむときもあるのですが、左前に見える車内テレビに夢中になっているという時もあります。

今回は、大道芸の番組、ニュース、学園物のテレビドラマと3本も見てしまいました。

 

 

DSC_0080-sing.JPG

シンガポールの動物園は、敷地が世界一のアメリカはサンディエゴ動物園と並んで、世界の有名な動物園にあげられます。

 

DSC_0095-sing.JPG

有名な理由は、この動物園には、檻(おり)がほとんどなく、自然に近い状態で飼育しているからです。

閉じ込めて外から眺めるのではなく、生活する動物たちの中を人間が見て回る雰囲気なのです。。

 

DSC_0038-sing.JPG

檻がないので、こんなに低い目線で、かばのお尻も撮ることができます。

今日は、気がついたらお尻ばかりを撮っています。

 

DSC_0031-sing.JPG

いつしか動物のお尻を追いかけるようになっていました。

白熊さんのお尻は、なかなか撮れず、プールに入った後を追いかけて、ようやく撮ることができました。

やっぱりかわいいです。

ちなみにマイケル・ジャクソンも、大好きな動物園なのだそうです。

本人に聞いたわけじゃないけど…。

R0014127.JPG

治安のいいシンガポールでは、夜も川沿いの散歩を楽しむことができます。

 

R0014128.JPG

川沿いには素敵なバーもたくさんあります。

中華レストランで紹興酒をたらふく飲んだので、立ち寄りませんでしたが…。

 

R0014126.JPG

川にかかる橋の下のトンネル内も様々なライトアップで演出されています。

 

R0014103.JPG

橋自体もライトアップで演出されています。

夜の散歩が日課になりそうです。

そういえば、日本人修学旅行生達もたくさん見かけたなぁ。

 

R0014195.JPG

シンガポールには様々な自動販売の機械があります。

なんてことのない自販機ですが、ペットボトルの自動販売機の商品受け取り口がかわいくてシャッターを押しました。

 

R0014193.JPG

DVDの自動レンタルもあります。

久しくレンタルしていないなぁ。

 

R0014196.JPG

自動販売とは違うが、ATMもかなり様々なことができるようです。

僕のような機械音痴は、近寄りがたいです。

 

R0014192.JPG

一番、興味深かったのは、郵便の自動販売機というか自動処理機です。

切手から、公共料金まで、この機械で処理できるようです。

 

R0014113.JPG

M氏の家に近い寺へお参りにやってきました。

R0014112.JPG

多層塔もある立派なお寺のようです。

 

R0014111.JPG

寝ている仏像もあります。

寝ているんじゃありませんね?

お釈迦様の涅槃の姿なんですよね。

って昔、教わりました。

R0014108.JPG

でも、実は一番の目的は寺で出していただくご飯でした。

無料なんです。

しかもバイキングです。

 

DSC_0333-sin.JPG

川を走る観光船があります。

夕暮れ時のシンガポールの街を、眺めるにはもってこいです。

 

DSC_0342-sin.JPG

今まで目の前を通っても気にならなかった建物が眼に映ったり、

DSC_0348-sin.JPG

マーライオンも違った角度で見られて新鮮です。

今さらながら、頭がライオンで下半身が魚という発想はすごいです。

シンガ→マレー語でライオンの意味→ライオンの頭というのはなんとなく理解できますが、

海→フランス語でマー→人魚の下半身という発想の流れはぶっ飛んでいます。

DSC_0358-sin.JPG
シンガポールをなんとかせねばと、観光誘致の為、マーライオンを創った頃、こんな先進国になるなんて思っていなかったでしょうね。

 

DSC_0266-si.JPG

M親子は散歩が大好きです。

 

DSC_0296-si.JPG

ときには乳母車で、散歩することもあります。

 

DSC_0328-si.JPG

ときには川沿いを眺めながら散歩することもあります。

 

DSC_0146-sin.JPG

散歩の合間にお父さんは髪の毛を切ります。

これがM親子の散歩のスタイルです。

DSC_0230-si.JPG

一般開放されている消防署で遊んでいたら救急車に出動要請が出されました。

遊んでいたK君が降ろされました。

 

DSC_0237-si.JPG

出動するところを見るK君は釘付けです。

ひょっとすると遊んでいたおもちゃがいなくなる寂しさの方が大きいのかもしれません。

 

DSC_0239-si.JPG

実は、僕も出動するところを間近で見たのは初めてでした。

 

DSC_0241-si.JPG

そうそう、紹介するのを忘れておりました。

シンガポールではM家族にお世話になっております。

M氏の着ているTシャツはニューヨークの消防署のものだそうです。

 

R0014058.JPG

一旦、マレーシアからシンガポールへ戻り、消防署に行きました。

土曜日、消防署は市民に開放されるので、子供達の遊び場として人気があるのだそうです。

 

DSC_0161.JPG

消防車も救急車も開放され、子供達が自由に運転席を乗り降りしながら見学することができます。

ただ、連絡が入ったらすぐに出動できるように、キーはささったままです。

 

DSC_0203-si.JPG

今日も暑いので、消防士さんが扇風機とホースをつないで、霧状にして飛ばしながら場内を涼しくしてくれます。

 

DSC_0193-si.JPG

消防士さんの出動の様子も見せてくれます。

こういう姿を子供達は見ながら、消防士は憧れの職業になっていくのでしょうね。

 

 

前のページ 1 2
「ヤギと子供と男と小屋と」ヤギプロジェクト公式HP