セカイサンポ2 : ウブド(インドネシア)
[ UPDATE : 2009/02/14 ]
DSC_0157ub.JPG

この街の歩道はところどころ、凸凹の場所があるので気をつけましょう。

関係ないですが、凸凹という文字が記号ではなく、常用漢字っていうのが未だに違和感を感じております。

しかも僕は「でこぼこ」と打ち込んで「凸凹」という漢字を出したのですが、「トツ」と「オウ」という音読みは登録されているのに、「でこ」と「ぼこ」という訓読みは登録されていません。

 

DSC_0220ub.JPG

こうやって橋がかかっている場所もあるので、踏み外さないように気をつけてください。

これまた関係ないですが、10年ほど前、イギリスで一緒に飲んだ日本語ができる外国人達に

「橋と端と箸のアクセントの違いを説明してほしい」

と聞かれ、うまくできませんでした。

ウォッカをレッドブルで割った飲み物で記憶がなくなり、みんなで雑魚寝をしたのを覚えています。

朝、起きたら漢字で名前を書いていたようで、「ダファー」という方を「駄馬」と書いていました。

今から考えると失礼な話ですね。

 

DSC_0035ub.JPG

あけっぴろげのところもあります。

夜だと落ちる可能性もあるので気を付けてください。

僕はドミニカ共和国のサントドミンゴで、こういう用水路にすっぽり落ちたことがあります。

 

DSC_0369ub.JPG

肩から腕を吊っている外国人をよく見かけるのは、きっと落ちて怪我をしてしまったんでしょうね。 

標識にもあるように、坂道も多いです。

特に下り坂の歩道で穴が開いている場所もあるので、気をつけましょう。

 僕はまだ落ちていませんからね。

本当ですって。

 

 

BACK |  TOP  | NEXT
「ヤギと子供と男と小屋と」ヤギプロジェクト公式HP