DSC_0025ubdo.JPG

胸も立派な女性像が持つ壺からは水が出ています。

中東のゴラン高原で300万年以上も前の世界最古のビーナス像が見つかったという話ですが、300万年前ってどうわかるんでしょうね。

これも相当、古く見えるのですが、11世紀の頃の物だそうです。

ということは1000年前で十分古いのですが、300万年前と比べると新しく感じてしまうから不思議です。

 

DSC_0010ubdo.JPG

ゴアガジャ遺跡の昔の沐浴場の女性像です。

沐浴というとあまり馴染みがないですが、水を頭からかけて身体を清めることのようで、ヒンズーでは一般的に行われます。

日本で言うと、神道の禊みたいなものでしょうか。

 

DSC_0029ubdo.JPG

そして、この洞窟の中には、人間の身体に象の頭を持つ「ガネーシャ」の像が安置されています。

この洞窟の中は、仏教徒とヒンズー教徒が瞑想するためのものだったそうです。

瞑想をイメージするより、サヌールに泊まっていたホテルのプールを思い出してしまった罰あたりなイシコです。

 

DSC_0046ubdo.JPG

この遺跡を見ているうちに、宮崎駿監督の世界を思い出しました。

そういえば「天空の城 ラピュタ」で浮かんでいる島は、ヒンズーの神話「ラーマーヤナ」をイメージしているという評論を読んだことがあります。

あくまで評論ですけど…。

ヒンズーが宮崎作品に影響を与えていたら面白いですね。

BACK |  TOP  | NEXT
「ヤギと子供と男と小屋と」ヤギプロジェクト公式HP