2008年7月 ARCHVES
セカイサンポもメキシコシティで終焉を迎えました。
この4ヶ月半… DSC_0190-me.JPG 全て機内持ち込みで国を移動し、 DSC_0192-me.JPG その街の様々な交通手段を使い、 DSC_0191-me.JPG その街を歩き、素敵な方々と出会い、 DSC_0193-me.JPG いろいろな物を買いました…、いや、買っていません。
だから皆さん、お土産は期待しないでください。
一旦、帰国いたします。

セカイサンポ中の食事ブログはこちら

セカイサンポ中の劇場ブログはこちら

[ UPDATE : 2008/07/25 ]
メキシコシティの原形とも言えるアステカ文明は14世紀から16世紀頃まで栄えていました。 DSC_0380-mex.JPG さまよっていたアステカ族が湖だったこの湿地地帯に、神のお告げで王国を創ったと言われています。 DSC_0371-mex.JPG 生贄などの風習に神秘的な香りもするし、 DSC_0373-mex.JPG 精巧な天体観測の技術にどこか宇宙の香りもします。 DSC_0379-mex.JPG でも、やはり、アステカ文明はどこか人懐っこいイメージがして大好きです。

セカイサンポ中の食事ブログはこちら

セカイサンポ中の劇場ブログはこちら

[ UPDATE : 2008/07/24 ]
DSC_0115-me.JPG かわいいタクシーをときどき見かけます。
基本的にはメーター制で、初乗り約20ペソ(約200円)です。 DSC_0007-mexico.JPG 以前、フォルックスワーゲンの工場がメキシコにあった名残なのでしょう。
緑色のフォルックスワーゲンのタクシーが一番、よく見かけます。
やはり、かわいいですね? DSC_0195-me.JPG タクシーだけではありません。
かわいいトラックにも時々、出会います。 DSC_0108-me.JPG そのうちトラックに乗っている荷物までかわいらしく見えてくるから不思議です。

セカイサンポ中の食事ブログはこちら

セカイサンポ中の劇場ブログはこちら

[ UPDATE : 2008/07/23 ]
DSC_0273-me.JPG 世界の雑誌用に、今週は、プロレス雑誌を購入しました。 DSC_0217-me.JPG 店によって雑誌や新聞の並べ方に特色があります。
洗濯バサミで並んだ新聞は、なかなかきれいです。 DSC_0058-me.JPG これもある意味、「立ち読み」の一種なんでしょうね。
初老のおじいさまは、かなり読み込んでいらっしゃいました。 DSC_0162-me.JPG さて、問題です。
誰が店主でしょう?
座っている方だとばかり思っていたら、真ん中の立っている方が店主でした。

セカイサンポ中の食事ブログはこちら

セカイサンポ中の劇場ブログはこちら

[ UPDATE : 2008/07/22 ]
DSC_0012-me.JPG 今回のセカイサンポで16都市を散歩しながら、全ての都市の公衆電話を撮ってきました。 DSC_0003-me.JPG 今回、散歩した中では、メキシコシティが一番、公衆電話の種類が多いと思います。
僕が見ただけでも4種類、しかも、それぞれが、かなりの数の公衆電話が設置されています。 DSC_0268-me.JPG それだけ使用頻度が高いということです。
確かに使用している人の姿をよく見かけます。
もちろんプリペイド制携帯電話が普及しているのですが、プリペイドカードの度数がなくなるとしばらくは受信専門にして、自分からかける際は公衆電話からというのが一般的のようです。 DSC_0005-me.JPG 通信つながりで言うと今回のセカイサンポで一番デザインが気に入った郵便ポストはメキシコシティでした。
最後の絵葉書も4通送りました。
日本まで75ペソ(約180円)で届きます。

セカイサンポ中の食事ブログはこちら

セカイサンポ中の劇場ブログはこちら

[ UPDATE : 2008/07/21 ]
DSC_0025-mexi.JPG さすがルチャ・リブレ(プロレス)の国です。 別人格にすることが好きなようです。 DSC_0118-me-mexi.JPG 自分の顔を白く塗る。 昨年までやっていたホワイトマンプロジェクトのようです。 DSC_0087-mexi.JPG 白塗りだけではありません。
この街は赤い顔の大道芸人も多いです。 DSC_0095-mexi.JPG 大人だけではありません。
子供も、この街では塗るのです。
露天商のボディペイント屋さんが多いです。

セカイサンポ中の食事ブログはこちら

セカイサンポ中の劇場ブログはこちら

[ UPDATE : 2008/07/20 ]
DSC_0243-me.JPG 旧市街はトイレの文字をよく見かけます。 DSC_0204-me.JPG 1回につき使用料3ペソ(約30円)です。 DSC_0233-me.JPG トイレを職業にしているのかなぁと思った店はゲームセンターでした。 DSC_0213-me.JPG トイレ使用料の方が儲かるということなんでしょうね?
この店などは衣料店なのに、看板はトレイばかりです。

セカイサンポ中の食事ブログはこちら

セカイサンポ中の劇場ブログはこちら

[ UPDATE : 2008/07/20 ]
DSC_0109-me.JPG デモが多い街とは聞いていましたが、ホントに毎日、デモに遭遇します。 DSC_0353-me.JPG 道路上のデモも多く、車が通れなくなるので自然に渋滞も多くなります。
バスの道もデモがあると、すぐに路線が変更になってしまい、乗っていると間違ったバスに乗ったのかと不安になることがあります。 DSC_0071-me.JPG イベントのように見えるデモも多いです。
ここでは参加者がスローガンが描かれたTシャツを競うように取り合っていました。
Tシャツの為にデモに参加する。
少し、新しい気もする。 DSC_0083-me.JPG 強烈なのは裸のデモです。
まるで博多の山笠祭りのようにみんな走っています。
もちろん神輿はありませんが…。
後で聞くところによるとデモは政党から雇われ、仕事としてデモに参加する方もかなりいらっしゃるそうです。

セカイサンポ中の食事ブログはこちら

セカイサンポ中の劇場ブログはこちら

[ UPDATE : 2008/07/19 ]
メキシコに住むH家族にメルカド(市場)へ連れて行っていただきました。 DSC_0007-mex.JPG やはりハバネロの国で種類別に売られています。
H家族によると唐辛子の辛さは予測できず、食べてみるまでわからないそうです。 DSC_0001-mex.JPG この季節にだけ食べられる、とうもろこしに付着するきのこです。
先日、いただいたのですが、シメジっぽかったです。 DSC_0004-mex.JPG サボテンも焼いて食べます。
メキシコでは、ダイエット食としても知られているようです。 DSC_0019-mex.JPG 「あれ?鶏肉は日本でも食べられるでしょ?」
鶏肉を撮る僕はH家族から不思議がられました。
確かに売られてはいますが、こんな生々しくは売っていないんです。

セカイサンポ中の食事ブログはこちら

セカイサンポ中の劇場ブログはこちら

[ UPDATE : 2008/07/19 ]
DSC_0088-me.JPG メキシコに到着して初めてシャッターを押したのがこの建物でした。 DSC_0211-me.JPG いつしかあの青い建物のところを右に曲がって… DSC_0188-me.JPG 黄色のメルカド(スペイン語で市場を意味します)を左に抜けて…
と建物の色を目印にするようになっていました。 DSC_0229.JPG しかし、それも最初の数日で終わりました。
なぜなら、きれいだなぁと思うようなカラフルな建物がこの街には多いのです。

セカイサンポ中の食事ブログはこちら

セカイサンポ中の劇場ブログはこちら

[ UPDATE : 2008/07/18 ]
前のページ 1 2 3 4
大きい地図はこちら